育休中の公務員がバレずに副業する方法

この記事はこんな悩みを解決できます

・公務員だけど育休中の家計が厳しい
・公務員だけど育休中に副業したい
・育休中の公務員がバレずに副業することは可能?
・公務員が育休中に行うおすすめの副業を知りたい

 
ラボリーダー
こんにちは!ラボリーダー(@lableader_)です

僕は4人の子供を育てる会社員で、2021年6月から約5か月間の育休中です。

育児、家事のスキマ時間を活用して色々な副業に挑戦しています。

副業で育休情報サイト「育休ラボ(当サイト)」を運営しており、育休が取得しやすいように様々な情報を研究、発信しています。

この記事では、育休中の公務員がバレずに副業する方法を解説します。

最後には、公務員が育休中に行うおすすめの副業6つを紹介します。

記事の順番としては、「結論」→「副業禁止の法律」→「副業がバレる理由(バレた場合の処分)」→「育休中の公務員がバレずに副業する方法」→「育休中におすすめする副業

という流れで解説していきますね。

では早速どうぞ!

*すぐに「育児休業給付金を全額もらいながらできるおすすめな副業6つ」を知りたい!

という方は以下の記事で詳しく解説しています。すべて在宅でできるものですよ!

関連記事

この記事で解決できる悩み ・育休中に収入が下がって家計が厳しい・育休中に貯金を切り崩してしまいそう・育休が暇すぎて時間を有効活用したい ・子供と向き合うだけじゃなく社会とのつながりが欲しい・育休中に会社にバレない副業を知りたい[…]

*会社員の方向けに書いた記事ですが、公務員の方でも同様です。

また、「育休中に臨時収入が欲しい」という方向けに、以下の記事で「誰でも5万円稼ぐ実践方法」を紹介しています(無料です)。

関連記事

この記事では、セルフバックで5万円稼ぐ実践方法を紹介します。 この記事で紹介する「セルフバックで5万円稼げる案件」と「セルフバックで稼ぐ手順」を実践すれば、もれなく誰でも5万円稼げますよ! この記事で解決できる悩み ・[…]

結論:育休中の公務員はバレずに副業できます!

そもそも育休中に限らず、公務員の副業は法律で禁止されています。

まともな回答をすれば、「公務員の副業は法律違反になるので、副業でお金を稼ぎたければ公務員をやめましょう」ということになります。

でも現実的には

  • 公務員は辞めたくない
  • 育児休業給付金は全額もらいたい
  • それでも家計が厳しいから副業したい

こういう方がほとんどだと思います。

以下の方法であれば、公務員は辞めず、育児休業給付金は全額もらいながら、副業できます

それは

公務員以外の家族が起業して無報酬で手伝う

これで家族全体で稼ぐということです。

こういうことを紹介すると「モラルはどうなの?」という方がいるんですが、一旦モラルは置いといて詳しく解説してきますね。

公務員の副業禁止は法律で決まっている

育休中に限らず、公務員は副業の禁止が法律で規定されています。

国家公務員法103条:職員は、営利を目的とする私企業(以下営利企業)を営むことを目的とする会社そのほか団体等の役員を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない

地方公務員法38条-1:職員は任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社そのほかの団体等の役員を兼ね、若しくは自ら営利を求める私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない

いろいろ書いてありますが、要は「本業以外の仕事をしちゃダメだよ」ということです。

許可を得たり、公益性のある副業であれば認められるケースもあるようですが、現実には難しいです。

一方で会社員の副業禁止は「就業規則」です。法律ではないんですね。しかも最近は原則認めるようにする傾向です。

では、公務員の場合は何が副業になるのか?

明確な定義は若干あいまいです。

ただ、一般的には報酬(お金)をもらうとダメということです。

ただし、一部許可されているものもあります。

  • 株・金融商品への投資
  • 不動産
  • 実家の農業手伝い
  • ただし、仕事中はもちろんダメ

*不動産は事業規模が大きすぎるとダメです。

戸建て5棟以上、マンション10室以上、管理業務を自分で行わない、賃貸収入は年間500万円に抑える。などなど

育休中の公務員の副業がバレる理由

育休中の公務員の副業がバレる理由は大きく分けて4つです。

  • 自分で話してしまう
  • 本名でネット事業などを行う
  • 副業しているとこを見つかる
  • 住民税(ほぼこれです)

住民税が原因でバレてしまうケースがほとんどです。

住民税さえ気をつけていれば、バレるかバレないかで言えば、ほぼバレません

僕が実際にハローワークで確認した育休中の副業がバレない方法は以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

この記事はこんな人におすすめ ・育休中の副業ってばれないの?・育休中の副業がばれる理由って何? ・育休中の副業がばれない仕事はあるの?・育休中にばれない副業で自分に合っているのは何?  ラボリーダー こん[…]

住民税さえしっかりと対応できていれば、バレている方は僕の周りにはいません。

育休中の公務員が副業をバレた場合

もしも育休中の公務員が副業を行っていることがバレてしまった場合、以下のような処分を受ける可能性があります。

  • 免職:クビ
  • 停職:業務させず給料は0
  • 減給:給料を減らされる
  • 戒告:叱られる

つまり、給与を減らされたり、停職になったりします。

ただし、現実的に過去の事例を見るとクビにされる可能性は低いです。

一番重い処分でも最大で停職6か月や減給程度です(クビになったり、捕まったりした人はいません)。

育休中の公務員がバレずに副業する方法

やり方としては以下の2つが考えられます。

育休中の公務員がバレずに副業する方法

①家族に事業主になってもらい無報酬で手伝う
②住民税に気をつけてコッソリやる

それぞれについて詳しく説明していきますね。

育休中の公務員がバレずに副業する①家族事業主

家族が事業主になって無報酬で手伝えば公務員でも副業できます。

「公務員である自分」ではなく、夫や奥さん、親などに事業主になってもらって家族名義で確定申告すれば問題ありません。

この「家族の事業」を無報酬で手伝っていればOKです(どの程度手伝っているかは中でしかわかりません)。

これであれば「副業」には該当しないと考えられます。

*モラルや実際にどうするかは各自の判断にお任せします。

ちなみに育休中の副業で確定申告が必要なケースは、以下の記事で解説しています。

関連記事

この記事で解決できる悩み ・育休中の副業で確定申告って必要?・株の売却益は確定申告必要? ・メルカリの売却益は?・いくらから確定申告って必要?   ラボリーダー こんにちは!ラボリーダー(@lableader_)[…]

育休中の公務員がバレずに副業する②住民税

繰り返しますが、住民税にさえ気を付けていれば、ほとんどバレません。

自分で話したり、副業しているところを見つからなければ、まず大丈夫です。

僕の周りでは、信頼している同僚に話した副業の噂が回った結果、上司や会社が知ることになってバレてしまったという方もいます。

くれぐれも副業していることは誰にも話さないようにしましょう!

住民税に気を付けてこっそり副業する場合は、バレた場合のリスクは飲み込むという覚悟も必要です(停職や減給など)。

育休中の公務員で住民税に気をつけながら、こっそり副業している方も多くいらっしゃいます。

*あくまでもモラルは度外視しています。

公務員におすすめする育休中の副業6つ

以下では育休中の公務員におすすめする副業6つを紹介します。

育休中の男性にも女性にもおすすめでき、子供をみながら在宅ワークでできる事業所得の副業です。

しかも、以下の副業でいくら稼いでも育児休業給付金は全額もらえます。

育休中の公務員におすすめする副業

・ブログ
・プログラミング
・ウェブデザイン
・アフィリエイト
・クラウドソーシング
・ココナラ

育休中に在宅ワークでできる事業所得の副業をおすすめする理由は以下の通りです。

  • 子育てを中心にしながらスキマ時間でできる
  • ヒマな時間に悩まなくていい
  • 自分で稼ぐノウハウを身につけられる

小さな子供と部屋に閉じこもってスマホやテレビを見るだけでなく、育児や家事の合間に行うことで「サクッと1万円稼ぐ」ことも「がっつり10万円稼ぐ」ことも可能です。

それぞれについては以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

おすすめの副業を無料で見る↓

関連記事

この記事で解決できる悩み ・育休中に収入が下がって家計が厳しい・育休中に貯金を切り崩してしまいそう・育休が暇すぎて時間を有効活用したい ・子供と向き合うだけじゃなく社会とのつながりが欲しい・育休中に会社にバレない副業を知りたい[…]

まとめ:公務員が育休中に副業する方法

この記事のまとめ

・公務員は会社員に比べて副業がバレたときのリスクが大きい
・リスクとは減給や停職など(過去最大は停職6か月)
・公務員が育休中にバレずに副業する方法2つ
・家族の事業を無報酬で手伝う
・住民税に気をつけてコッソリやる

 
ラボリーダー
ここまで読んで頂いてありがとうございます!

実際に公務員の方で育休中に副業を行っている方も多くいらっしゃいます。

ただし、リスクを飲み込むのは自分自身なので、この記事で紹介した方法を実践する方はバレた場合のリスクを考えて開始してくださいね。

後はどう考えて行動するかは自分次第です!

自分が「一番このやり方がいいなぁ」と思えるやり方で行ってください。

ラボリーダー個人の思い、考え

育休中は、もちろん育児が最優先です

しかし、子供が昼寝している時間などスキマ時間で副業することは、自分のスキルアップにつながるいい機会だと思います。

育休中は、育児休業給付金をもらっているとは言え、手取り収入は減ってしまいます。

減った分を副業で稼ぐことは悪いことではないと思いますね。

しかし、残念ながら公務員においては、法律で規定されているため、副業は禁止されているのが現状です。

「公益を優先するのか?私財を蓄えることを優先するのか?」

残念ながら現在は両立しないのが、日本の法律となっています。

従って、現状では「公務員の副業は法律違反なので、副業をしたければ公務員を辞めましょう」

という言い方になってしまいます。

育休を取得する公務員が増えてほしい

僕は一般的な会社員ですが、会社では僕が男性育休を取得した初めての社員だったようです。

従って、育休取得を報告した時にはパタハラと言えるような対応をされました。

非常に嫌な思いをしたので、男性育休を取得する方を増やしたい!男性育休の取得があたり前になる世の中にしたい!

という思いが強くなりました。

それには公務員の方にも男性育休を多く取得していただきたいのです。

もし、お金の問題で育休に踏み切れない方がいらっしゃったら

この記事が男性育休を取得したい方の背中を少しでも押せれば、うれしいです!

ちなみに、僕が会社に育休取得を報告した時の状況は以下の記事で紹介しています!

関連記事

この記事はこんな人におすすめ ・男性育休を取得したい・育休取得を会社に報告した時の反応が心配 ・男性育休の体験談を知りたい   ラボリーダー こんにちは!ラボリーダー(@lableader_)です 僕は4人[…]

この記事は厚生労働省のHPを参考にしています。

この記事が気に入ったらフォローしよう