ハローワークで確認!育休中の副業がバレない方法1つ

この記事はこんな人におすすめ

・育休中の副業ってばれないの?
・育休中の副業がばれる理由って何?
・育休中の副業がばれない仕事はあるの?
・育休中にばれない副業で自分に合っているのは何?

 
ラボリーダー
こんな悩みを解決できる記事を書きました!

こんにちは!ラボリーダー(@lableader_)です。

僕は4人の子供を育てるサラリーマンで、2021年6月から育休を取得しています。

この記事で解説する「副業がばれない方法1つ」を理解すれば、勤め先にバレずに安心して稼ぐことができますよ。

実際にハローワークに行って「副業がバレない具体的な方法」を教えてもらいましたし、僕も実際に「バレない副業」をやっているので紹介します!

この記事では「そもそもなぜ育休中の副業がバレるのか?」「育休中のバレる副業」「副業がバレない方法」「育休中のバレないおすすめ副業」の順番で解説します。

「すぐに育休中のバレないおすすめの副業がみたい!」という方は以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

この記事で解決できる悩み ・育休中に収入が下がって家計が厳しい・育休中に貯金を切り崩してしまいそう・育休が暇すぎて時間を有効活用したい ・子供と向き合うだけじゃなく社会とのつながりが欲しい・育休中に会社にバレない副業を知りたい[…]

最後まで読んで頂いた方には「無料プレゼント」もありますので、ぜひ最後までご覧ください!

育休中の副業がバレる2つの理由

副業がバレる原因は以下の2つです。

  • 自分で言っちゃう
  • 住民税

「自分で言っちゃう」については、結構あるあるです。自分が信頼していると思っている先輩や同期、後輩などに「育休中に副業しているんだよねー」とついつい言ってしまいます。

その噂が回って最終的に会社が知ることになってしまうということです。

当たり前ですが「育休中に副業していること」を誰にも言わないようにしましょう!

問題は住民税によって副業がバレることです。

育休中の副業がバレる原因「住民税」

「住民税」とは、前年の所得金額に応じて計算され、勤め先の給与から天引きで納付される税金です。

例えば育休中にバイトした場合…バイト先会社の給料からも住民税が計算されます。

この時「給料の額が高い会社がまとめて住民税を支払う」というルールがあります。

つまり、副業で稼いだ収入も住民税に含まれて勤め先の会社が払う住民税が増えるためバレてしまうんです。

育休中の副業がバレる仕事

「住民税」によってコンビニのアルバイトなど会社から給料を得る「給与所得」をもらう副業はすべてバレます!

さらに、育休中にもらえる「育児休業給付金」には受給要件があります。

  • 育休中の賃金が通常の80%以下である
  • 育休中の就業日が月に10日以下(または80時間以下)である

育休中に勤務先以外の会社でバイトをした場合には、その会社からの賃金額を支給申告書で申告する必要がないとされているので、上記の「育休中に受け取っている賃金が通常の80%以下であること」という賃金額に関する条件はクリアできます。

しかし、就業日数や時間は申告書で申告することになっていますので「育休中の就業日が月に10日以下(または80時間以下)であること」は変わりません。

もしこの10日や80時間を超えて働いてしまうと育児休業給付金は受給できなくなります!

「育児休業給付金はもらえず、勤め先の会社にも副業がバレる」なんていう最悪の事態になりかねません。

育休中の副業がバレない方法

育休中の副業がバレない方法は「事業所得を得る副業で、住民税の支払いを普通徴収にする!」です。

具体的には確定申告の時に提出する書類の「自分で納付(普通徴収)」にチェックを入れればOKです。

たったこれだけでバレません!

*「給与から差引き」を選ぶと勤め先の会社の給料から副業で稼いだお金の住民税も天引きされるためバレてしまいます。

また、「事業所得」を得ても育児休業給付金は減額されません(僕が実際にハローワークに行って確認しました)

育休中の副業バレQ&A

Q1給与が手渡しなら副業もバレないんじゃない?

A.バレます!振り込みか手渡しかは関係ありません。バイトなどで手渡しで給与をもらっても雇用している会社は税務署や地方自治体に報告します。

Q2税務署から会社に連絡いかない?会社が市町村に問い合わせしない?

A.大丈夫です!連絡はいかないですし、会社が市町村で調べることはできません。

Q3開業届を提出したり、マイナンバーでバレないの?

A.そこでバレることはありません!開業届でもマイナンバーも関係ないです。

Q4確定申告しなければバレないんじゃない?

A.普通に脱税です!副業で稼いだ分は申告する必要があります。確定申告時には「普通徴収」を選ぶ。

育休中のバレないおすすめの副業6つ

以下ではおすすめする副業6つを紹介します。

育休中の男性にも女性にもおすすめでき、子供をみながら在宅ワークでできる事業所得の副業です。

育休中に在宅ワークでできる事業所得の副業をおすすめする理由は以下の通りです。

・子育てを中心にしながらスキマ時間でできる
・ヒマな時間になやまなくていい
・自分で稼ぐノウハウを身につけられる

育休中はあくまでも子育てが中心です。しかし在宅ワークなら子供が寝ている間などのスキマ時間で作業ができます

しかもこれら6つの副業は、自分で稼ぐ知識やノウハウも身につけられます

小さな子供と部屋に閉じこもってスマホやテレビを見るだけでなく、育児や家事の合間に行うことで「サクッと1万円稼ぐ」ことも「がっつり10万円稼ぐ」ことも可能です。

それぞれについては以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

関連記事

この記事で解決できる悩み ・育休中に収入が下がって家計が厳しい・育休中に貯金を切り崩してしまいそう・育休が暇すぎて時間を有効活用したい ・子供と向き合うだけじゃなく社会とのつながりが欲しい・育休中に会社にバレない副業を知りたい[…]

育休中の副業を成功させるコツ

副業を成功させるために必要なテクニックはたくさんありますが、1つだけお伝えするなら「ムリのない範囲で取り組んでください!」ということです。

ムリをしてしまうと継続しないからです。育休中はあくまでも子育てが最優先です!

出産したばかりの女性は自分が思うより大きく体にダメージを受けています。慣れない育児で大変なことも多いです。

夜泣きなどで睡眠時間を満足に取れないこともあるでしょう。そのため、絶対にムリはしないでください!

反対に、自分の好きなことを想像してみてください「漫画を読む、ゲームをする、動画を見る!」など自分の好きなことは、たとえ仕事終わりに疲れていても出来ると思います。

このように、好きなことには「物事を継続させる力」が備わっています。

苦手なことは続かない

逆に嫌いなことや苦手なことを想像してください。僕は洗濯物をたたむことや掃除などが苦手です。仕事終わりにやろうと思っても、かなり精神的にきついです。

これは副業においても同じことが言えます。

洗濯物や掃除は「やらなくちゃ!」という義務感でなんとか乗り越えられますが、副業は「義務」ではないのでなおさらやりません。

だからこそ、副業をするのであれば、苦手なことには取り組まない(=ムリのない範囲で取り組む)のが大事です。

無理のない範囲で取り組む方法3つ

たまたま僕はムリのない範囲内でブログ「育休ラボ」運営を副業として取り組めていますが、いま振り返ると以下の3つの条件が重要だったと思っています。

  • お金がかからない(初期費用が安い)
  • 場所に縛られない(パソコン1台あればどこでもできる)
  • 時間に縛られない(自分で時間を決められる)

この3つの条件を満たしていたのがブログ運営だったんです!

ムリをしてしまうことで自分自身が体調を崩してしまっては、子育ても副業もできません。また、モチベーションも大きく下がってしまいます。

副業をするのであれば、必ずムリのない範囲内で取り組むようにしましょう!

まとめ:育休中の副業がバレない方法

この記事では育休中に

  • 副業がバレる理由
  • 副業がバレない方法
  • おすすめのバレない副業6つ

を紹介しました。

育休中に副業がバレないようにする方法は「事業所得の副業で住民税を普通徴収にすること」です。方法はこれだけなので、絶対に忘れないようにしましょう!

そして、おすすめのバレない副業6つについて詳しくは以下の記事で解説しています。

関連記事

この記事で解決できる悩み ・育休中に収入が下がって家計が厳しい・育休中に貯金を切り崩してしまいそう・育休が暇すぎて時間を有効活用したい ・子供と向き合うだけじゃなく社会とのつながりが欲しい・育休中に会社にバレない副業を知りたい[…]

 
ラボリーダー
ここまで読んで頂いてありがとうございます!

この記事を参考にして育休中に不安なお金の問題を解消できればうれしいです。

そして、冒頭で記載した僕からの「無料プレゼント」は「誰でも無料で5万円稼ぐ実践方法」です。

以下の記事で紹介していますので、ぜひプレゼントを受け取ってくださいね。

関連記事

この記事では、セルフバックで5万円稼ぐ実践方法を紹介します。 この記事で紹介する「セルフバックで5万円稼げる案件」と「セルフバックで稼ぐ手順」を実践すれば、もれなく誰でも5万円稼げますよ! この記事で解決できる悩み ・[…]

この記事を参考にしていただいて、育休を取得する方(特に男性)が増えれば、こんなに幸いなことはありません。

僕と一緒に育休を取得しましょう!

この記事は厚生労働省のHPを参考にしました。

この記事が気に入ったらフォローしよう