【男性育休】育休中の有意義な過ごし方。育休中にしかできないこととは?

この記事はこんな悩みを解決できます

・育休中ついだらだら過ごしてしまう
・育休中の有意義な過ごし方を知りたい
・育休中にやっておくべきことを知りたい
・育休中の心構えを知りたい

 
ラボリーダー
こんにちは!ラボリーダー(@lableader_)です

僕は4人の子供を育てる会社員で、2021年6月から約5か月間の育休中です。

育休中は家にいて育児や家事を行うため、だらだら過ごしてしまう方も多いです。

先輩パパに聞くと「もっと有意義に過ごせばよかった」という話を聞きます。

そこでこの記事では、育休中にしかできないこと有意義に過ごす方法、仕事復帰に向けてやっておくべき手続きを紹介します!

ポイントは育児家事のスキマ時間を有効活用することです!

スキマ時間を有効活用することで、育休期間終了後に「なんかだらだら過ごしちゃったな」と思わず、「有意義な育休だった!」と思えるようになります。

この記事は、育休中の心構え有意義に過ごす方法仕事復帰に向けての手続きの順番で解説します。

では余計な前置きはさておき、早速どうぞ!

育休中の過ごし方「心構え」

まずは育休中の「心構え」を紹介します。

育休中に大事な心構えは以下です。

  • 育休中は「子育て」が第一!
  • 家事・育児の分担
  • ママへの感謝・ねぎらい

育休中の過ごし方「心構え①」:子育てが第一!

これはめちゃくちゃ大事な心構えなんですが

育休中は「子育て」を第一にしましょう!

世の中には「育休」と聞いて、「休み」とらえてしまうパパさんが多いのが現状です。

以下の画像を見てください。

「変えよう、ママりと」×日本財団調べ

育休中を取得した男性のうち3人に1人が1日の家事・育児時間が2時間以下ということです。

これでは何のために育休を取得したかわかりません。

そして「育休を取得して、家事・育児時間が1日2時間以下の人」と「育休を取得しない人」ではママの満足度が「育休を取得しない人」の方が高いんです。

つまり、育休を取得して家事とか育児を積極的にやらないんだったら、取らない方がいい!

ということです。

「パパが休みを取る」という意識ではなく、「パパの休みを家族のために使う」という心構えが本当に重要です!

育休中の過ごし方「心構え②」:家事・育児の分担

パパの休みを家族のために使う」ということは理解いただけたと思います。

ではパパが育休中にできることは何か?というと、やはり家事・育児を分担することです。

出産後のママは、男性が思っているより身体の影響、心の変化が大きいです。

身体的に動けなかったり、体がだるかったり、眠かったりと色々な症状があります。

また、育児に対する不安から大きなストレスを抱えるママも多いです。

ですから、自分から積極的に育児や家事を行いましょう!

育児や家事は「参加する」「サポートする」「手伝う」という意識ではなく、自分が「主責任者」としてママと協力して行う!

この意識が本当に大事ですよ!

ラボリーダーの場合

僕は、4人の子供を育てていますが、1人目の時には仕事が忙しかったこともあって、なかなか育児に参加できませんでした。

もちろん、家にいる時間には手伝っていましたが、「手伝っている」という意識が、行動や言葉の端々にでてしまうものです。

そのため、よく妻とケンカになってしまいました。

仕事もしているんだから、家事と育児はママがやってよ。という意識は絶対にNGです!

パパさんにお伝えしたいんですが、「家事と育児」は「仕事」よりぜんぜん大変ですからね!

育休中の過ごし方「心構え③」:ママへの感謝・ねぎらい

僕は現在、土日などに育休中の生活を練習する意味を込めて、子供を1人で見る時間を意識的に増やしています。

ママに出かけてもらったりしていますね。

そうするといかに子供を1人で見ることが大変かを感じられます。

普段仕事している間、ママはこんな大変なことをやっていたのか!とママに対する感謝の気持ちが大きくなりました。

そして、感謝の気持ちやねぎらう気持ちを実際に言葉で伝えましょう!

これは、将来の夫婦関係にも大きな影響があります。

以下の図を見てください。

女性がライフステージごとに「何に愛情を注いでいるか?」という配分を調査したものです。

独身時代や結婚直後は「夫」に対する愛情が高いですが、結婚直後から出産直後には急落します。

当たり前ですが、「子供」に対する愛情がトップを占めていますね。

よく見て頂くと「夫」の青いグラフが、時間がたつにつれて回復グループと低迷グループに分かれています。

これは、大変な乳幼児期に「夫と2人で子育てした」と回答した女性たちは夫への愛情は回復した一方

「私1人で子育てした」と回答した女性たちの愛情は低迷しているんです。

つまり、出産直後から乳幼児期に2人で協力して育児することが将来の夫婦関係に大きく影響するということです。

将来の夫婦関係を良好にしたいパパは、ママに感謝やねぎらいの言葉を伝えましょう!

育休中の有意義な過ごし方

あっという間にすぎる貴重な育休タイム

目標やスケジュールを立てないと「だらだら過ごしちゃったな」という方も多いです。

僕も実践する予定の有意義な過ごし方4つを紹介します!

育休中の有意義な過ごし方①子育て

まずは子育てを優先にしましょう!

「育休」は育児休業ですから、子育てを中心にするのは言わずもがなです。

男性もできる子育てはたくさんあります!

  • おむつ替え
  • お風呂
  • 寝かしつけ
  • ミルク
  • 上の子の面倒

などなど、特に上の子がいる場合にはパパが上の子担当という先輩パパも多いですね!

繰り返しになりますが、自分が「主責任者」としてママと協力して2人で行いましょう!

育休中の有意義な過ごし方②家事

普段仕事している時には家事はあまりできていないというパパも多いです(僕ですw)

僕も特に料理が苦手で、味付けとかどうすればいいの?って感じです。

育休中は苦手な家事も積極的に行いましょう!

何しろ仕事はしていませんから、家事もママと分担してできるといいですね。

ぐだぐだしていると絶対に怒られます!

僕も苦手な料理にも挑戦してみようと思っています。

代表的な家事は

代表的な家事一覧
・料理
・掃除
・洗濯
・名もなき家事

特に最近では「名もなき家事」に注目が集まっていますね。

洗剤の詰め替えやフィルターの掃除、麦茶を作ったり日常では気づかないところも多いです。

これを積極的に行っていると、ママから感謝されますよ!

育休中の有意義な過ごし方③副業

育休中の有意義な過ごし方①、②は言ってしまえば「当たり前」かと思います。

「有意義に過ごす」という意味で本当におすすめしたいのは「副業」です!

育児や家事はもちろん大事ですけど、それだけやっていると、育休終了後に振り返ったときに

「なんか、だらだら過ごしちゃったな」

と感じる方が多いんです。

育児や家事のスキマ時間をいかに有効活用するか、これが将来育休期間を振り返ったときに有意義だったと感じるかどうかの境目です!

1番おすすめなのが「副業」を行うことです!

副業はお金も稼げてスキルアップもできる!

育休中は育児休業給付金が支給されますが、手取り収入は少なからず下がってしまいます。

下がった収入を副業で稼ぐことができれば、お金の不安も少なくなります。

副業のメリットはお金の面だけでなく、自分の稼ぐ知識やノウハウも身につけられるということです。

育児や家事のスキマ時間にお金を稼ぎながらスキルアップもできる!

 
ラボリーダー
最高ですよね!

「ちょっと待って!育休中に副業してバレないの?」

という方も多いと思いますが、大丈夫です。

以下の記事で育休中に会社にバレない副業6選を紹介していますのでチェックしてくださいね!

関連記事

この記事で解決できる悩み ・育休中に収入が下がって家計が厳しい・育休中に貯金を切り崩してしまいそう・育休が暇すぎて時間を有効活用したい ・子供と向き合うだけじゃなく社会とのつながりが欲しい・育休中に会社にバレない副業を知りたい[…]

ちなみに、僕はこの記事で紹介している副業1つである「ブログ運営」を行っています。

「ブログ」は、ブログサイトを立ち上げて、広告を貼り、広告収入を得る副業のことです。

インターネットに繋がるパソコンがあればいつでもどこでも取り組むことができます。

ブログを始めたい!という方は、以下の記事で詳しく解説していますよ。

関連記事

この記事はこんな悩みを解決できます ・育休中に副業でブログを始めたい・ブログの始め方がわからない・サーバーやドメインの手続きはどうすればいいの? ・WordPress導入~初期設定方法を知りたい・おしゃれなテーマやデザインを設[…]

育休中の有意義な過ごし方④資格取得

育休中にスキルアップを目指して資格取得に取り組む方も多いですね。

育休中に取得した資格を活かして転職した!キャリアアップした!という方もいらっしゃいます。

資格取得なら【オンスク.JP】おすすめですよ!

【オンスク.JP】 なら、様々な資格が月額定額料金でウケホーダイなんです。

スマホでもPCでも対応可能なオンライン学習サービスなので、育休中にスマホで資格取得に向けた学習ができますよ。

50講座以上がお試しできる無料体験も実施しています。

【オンスク.JP】に移動して、画面右上から無料体験できます。

育休中の有意義な過ごし方まとめ

・育児は自分は「主責任者」として行う
・苦手な家事、名もなき家事にも挑戦しよう
・有意義に過ごすには「副業」が最もおすすめ
・資格取得もいいですよ!

育児と家事を積極的に行うことで、将来にわたって夫婦関係を良好にしながら、副業や資格取得を通じてスキルアップできれば最高ですね!

仕事復帰に向けてやっておくべきこと

育休も終盤に差し掛かってくると仕事復帰に向けて手続きややるべきことがあります。

育休中から仕事復帰までのステップを紹介します。

ステップ①復職の意思を会社に伝える

まずは、勤め先の人事担当者や上司に復職したい意思を伝えましょう!

簡単な現状報告と復職時の希望を伝えるといいですね。

人事担当者や上司とどのような働き方がベストかを話し合い、具体的な復職日を決定します。

報告と希望の1例

【報告】
・子供や自分の体調
・保育園は決まったか
・子供が病気になったときの対応
【希望】
・勤務時間(フルタイム、時短勤務)
・希望の出社、退社時間
・業務内容や量

ステップ②復職に関する必要書類を会社に提出する

会社側が復職に同意したら、育休中に復職に関する所定の届け出を担当部署に提出します。

育休中は厚生年金などの保険料が免除されていますので、保険料の納付を再開するために、会社経由で必要書類を提出する必要があります。

会社の人事担当者が対応してくれると思いますよ!

ステップ③職場の方に挨拶する

復職する日が決まったら、育休中に会社の親しい同僚や周囲に報告してもいいと思います。

また、元の部署のメンバーに挨拶することも忘れずに。

簡単にでもこれからの新しい働き方を説明して、相手の理解を得ることができれば◎ですね。

復職の挨拶は誰にすべきか?

会社の規模や休業前のポジションによって、さまざまですが、少なくとも所属部署には挨拶しましょう!

復職初日は、出社後すぐに直属の上司に挨拶し、休業前に仕事を引き継いだ同僚などにも挨拶するといいですね。

簡単なお菓子などを配るのもいいかもしれません。

復職するにあたって前向きな姿勢や抱負を伝えると、周りの人も応援したい気持ちになりますよ!

ステップ④さまざまなサポートを活用

育休からの仕事復帰は、本人はもちろん、家族にとっても大事なことです。

夫婦で家事分担などを話し合うほか、なにかあったときに家事、育児にどんなサービスを活用できるか調べておきましょう。

ミールキット、ベビーシッター、病児シッターなど頼れる民間のサービスに事前登録しておくと、いざというときに慌てずに済みますね。

余裕があれば、育休中に1度利用してみるのも手です。

まとめ:【男性育休】育休中の過ごし方

 
ラボリーダー
ここまで読んで頂いてありがとうございます!

この記事では、育休中の有意義な過ごし方、やるべきことを紹介しました。

この記事のまとめ

・育休中は育児が第一!
・家事育児は自分が「主責任者」として行う
・ママへの感謝、ねぎらいを忘れない
・スキマ時間に副業や資格取得を行うと有意義に過ごせる
・仕事復帰に向けての手続き紹介

育休は、「休み」としてとらえるのではなく、「自分の休みを家族のために使う」と意識しましょう!

そして、育休中しか味わえない生まれたばかりの子供の成長や大変な時期を家族で過ごせたらいいですね。

もちろん育休中は育児が第一です。

しかし、「有意義に過ごす」という意味では、スキマ時間を使って副業や資格取得を行うことが最もおすすめですよ!

僕自身も育休中に副業でブログ運営することでスキルアップを目指しています!

今しかない育休中の大切な時間を有意義に過ごしましょう!

おすすめの副業を無料でチェック↓

関連記事

この記事で解決できる悩み ・育休中に収入が下がって家計が厳しい・育休中に貯金を切り崩してしまいそう・育休が暇すぎて時間を有効活用したい ・子供と向き合うだけじゃなく社会とのつながりが欲しい・育休中に会社にバレない副業を知りたい[…]

ブログの始め方を無料でチェック↓

関連記事

この記事はこんな悩みを解決できます ・育休中に副業でブログを始めたい・ブログの始め方がわからない・サーバーやドメインの手続きはどうすればいいの? ・WordPress導入~初期設定方法を知りたい・おしゃれなテーマやデザインを設[…]

この記事が気に入ったらフォローしよう